キウイ日記

キウイ日記

2020年5月1日金曜日

「今年のGWにオススメしたいこと」について話し合いました


5月に入り、ゴールデンウィークになりました。
しかし、今年のゴールデンウィークは、自宅で過ごすことが多くなりそうです。
世の中的には、心配してしまうニュースも多く、不安な気持ちでゴールデンウィークを過ごされる方が多いように思います。
キウイでも、ゴールデンウィークに対する心配が話題に上ることもありました。

そこで、『今年のゴールデンウィークにオススメしたいこと』について、キウイで話し合いました。
今回は、その話し合いで出たアイディアをご紹介します。
オススメポイントも、キウイのメンバーさんの言葉になります。

<オススメのYouTube動画>
「だいじょうぶだよ。」(ガチャピンちゃんねる[公式])
……「やる気が出ない」、「今日、何もしなかった」、「人にノーが言えない」、「今日、すごく落ち込んだ」というネガティブなつぶやきに、ガチャピンが「大丈夫、大丈夫」と慰めてくれて、ポジティブな思考に導いてくれます。ガチャピンの優しい声も癒しです。

ファーストクラスで世界一周
……海外旅行に行けなくても、見るだけで行った気持ちになれます。また、高額すぎて乗れないファーストクラスの映像を見て妄想できます(笑)

中田敦彦のYouTube大学
……このチャンネルでは、本や人物・政治、歴史、最新技術など多岐にわたるテーマをあっちゃんが面白おかしく授業形式で紹介してくれる番組です。本を読みたくても時間がない、新聞読んでるけど内容が良くわからない時に、この番組を見ると楽しく笑いながらかつ手短に勉強することができ、オススメです。

国際モータージャーナリストの清水和夫さんが主宰するDynamic Safety Test(DST)の動画
……国内外の自動車の安全性テストをし、既存の自動車の情報(スペックや安全性など)では分かりえない限界を可視化しています。結構、意外な結果が出たり、清水和夫さんのコメントがかなり勉強になったりします。

○その他、オススメポイントは省略しますが……
・「ヒュー・ジャックマンも感涙!映画『グレイテスト・ショーマン』「This is me」ワークショップセッションの様子」
・ロベルトカルロス FK 物理学者の研究対象にもなった伝説の左足アウトサイドフリーキック
・海外サッカーファインプレー集
・FF7リメイク実況動画
・吉田製作所(ものづくり・DIYチャンネル)
・かえるてんぐ!(ゲーム実況)

<オススメの映画、アニメ、ドラマ、TV番組など>
グレイテスト・ショーマン(映画)
……夢物語ではない、現実にあったお話の”差別”や”個性”、”成功”や”失敗”を丁寧に描写した素晴らしい映画だと思います。楽曲も夢や希望、熱い思いを込めているものが多く、かなり心に響くものとなっています!そして何より光の表現が全編通して物凄い!!!演出にこだわりぬいた映像美がここにあります。イチ推しの映画です

すいか(2003年、日本テレビ系、ドラマ)
……仕事、プライベートに行き詰った30代の信金OLが、売れないエロ漫画家や風変りな大学教授が住む下宿で出会い、本当の自分を発見してゆくドラマ。ゆるい世界観にほっこりします

フォレストガンプ(映画)、アイ アム サム(映画)
……主人公は、知的に人より劣っているものの、純粋に愛を表現している姿が、何故か、少しだけ自分と重なり、オススメです。

君の膵臓を食べたい(映画)
……すごいタイトルで気になっていた!!君の膵臓を食べたいという言葉で相手に「好き」という言葉を一切使わずに、尊敬や好きだということを伝えているラブストーリー。どんな作品、どんなサッカーの試合、PKを外しても泣いたことのない私ですが…「あ、たぶん、こんなところで人は泣くのかな~」っと思いました!!

時代劇(必殺仕事人、水戸黄門など)
……勧善懲悪ですっきりするから
らららクラシック(NHK)
……クラシックのうんちくを楽しく学べる。クラシック音楽を気軽に聴ける

○その他、オススメポイントは省略しますが……
・あぶない刑事
・五等分の花嫁
・炎炎ノ消防隊
・鬼滅の刃
・フルーツバスケット2019
・銀魂 151、152話
・ムーミン

<その他、オススメの活動>
ウクレレ
……楽器の中では多分一番簡単に、どこにでも持ち歩け、歌える。音楽は、聞くのも良いが、自分で奏でる方が楽しい。4つのコードだけで大抵の歌が出来る。YoutubeのGazlele(ガズレレ)見ながらやると良いかも。

料理
……外食に行かないでも好きな物が食せる。妻の負担を減らせる。

パン作り
……3時間以上かかるため時間をつぶせる。また、パン生地をこねている時に何も考えずに作業できる。ストレス発散

再現レシピ
……GW限定で有名店(ホテルニューオータニやスープストックトーキョー)が期間限定でレシピを公開している。外食できないので、自宅で作って満足する。

おうちdeくら
……おうちでお寿司づくりができるお寿司セット。くら寿司が販売しており、価格もリーズナブルで子どもも楽しめます。

お家映画館
……我が家では、子どもとの話し合いにより、「ジュラシックパークシリーズ(Ⅰ~Ⅲ)」を見ることにした。家でポップコーンも作り、楽しもうと思う。

○その他、オススメポイントは省略しますが……
・お香
・パワーストーンづくり
・散歩&ポケモンGO
・BBQ
・UNO
・将棋

キウイには、素敵なメンバーさんがたくさんいますので、こんなにたくさんのアイディアが出ました。
もし、この中で、行えそうなものがあれば、今年のゴールデンウィークに試してみてください。

かたやまクリニックのHPはこちら

2020年4月24日金曜日

2020年5月のキウイ活動予定


皆様、こんにちは。

もうすぐ4月も終わりですね。
4月は、メンバーさんが自発的にのびのびとアナログゲームを楽しまれていたり、自宅で絵を描くことを始められたり、たくさん本を読まれたりと、メンバーさんが生活の中で様々な工夫をされていることが印象に残りました。
今は、何かと自粛や制限のある生活を求められています。
しかし、だからこそ、その制限の中でも工夫をしていくことが大切なのかなっと思いました。

5月もスタッフとメンバーさんが協力しながら、様々な工夫をして日々を過ごせていきたいなって思います。
そんなキウイの5月のプログラムを紹介します。



大変な状況が続きますが、しっかりとご自身をケアしながらお過ごしください。

かたやまクリニックのHPはこちら




2020年4月23日木曜日

『感染症対策状況下での生活の工夫』についてプログラムを行いました


新型コロナウイルスの感染が拡大したことで、私たちの生活は様変わりしました。
学校は休校となり、お店は休業となり、テレワークを導入する企業が多くなりました。
また、今まででは考えられなかった品物が品薄になったり、ニュースや新聞は新型コロナウイルスでいっぱいだったりしています。
そして何より、自粛を求められ、私たち1人1人が制限の中で生活をしています。

当然、キウイでも新型コロナウイルスの影響が出ています。
感染症対策を講じながらキウイを運営していることはもちろん、キウイ中の話題(ストレスを感じた出来事)でも新型コロナウイルスが出てくることが多くなりました。
キウイはリワークデイケアではありますが、復職を目指していくためには、日常生活での体調・気分の安定が不可欠です。
そのため、キウイでは感染症対策状況下での生活の工夫について心理教育を行いました。
その内容を今回は、少し紹介します。

まず、現在のような感染症に対処している状況下では、次のような感情を抱きます。

①恐怖と不安
②憂鬱や孤独
③怒りやイライラ


しかし、急激な変化であればあるほど、私たちはその変化に対応することで頭がいっぱいで、自分に生じている感情に気づけないかもしれません。
気づいたとしても、「そのような感情になるのは良くない」と思い、その感情を押しつぶそうとするかもしれません。
しかし、大切なのは、押しつぶすのではなく、その感情を抱くことは自然なことだと受け入れることです。

もし受け入れることができない場合、そのやり場のない感情は、「見える」特定の敵を作り出し、その敵を遠ざけようとします。
それは、つまり差別偏見です。
差別や偏見は、誰しもがされたくないものです。
そのため、差別や偏見が蔓延すると、それを恐れるあまり症状をなかなか打ち明けられなくなる方が多くなります。
これでは、感染症の収束はより困難なものとなります。

以上のことから、現在の状況下で過ごしていく際のポイントは、①自分の感情をしっかりと受け入れた上で、和らげ②不当な差別や誹謗中傷をしないことです。

具体的には、次のような工夫があります。
①日々、自分の心身の状態を落ち着いてチェックする
②出来る限り、普段通りの睡眠や生活リズムを維持する
③楽しくリラックスできる活動(ヨガやストレッチ)を生活に入れる。心地良い環境をつくる。
④積極的な活動(筋トレや勉強)の時間を作る
⑤家族や友人とのつながりを維持することに努める……オンライン飲み会、電話、ビデオ通話など
⑥苦しい状況を受け容れつつ、ポジティブ感情(感謝、喜び、安心、思いやり、希望)も感じられるようにする
⑦新型コロナウイルスに関する情報やニュースをずっと読み続けることはやめる
⑧社会的影響力のある人の適切な情報は広げていく
……適切な情報は判断がなかなか難しいですが、批判をしておらず、多様な価値観を尊重し、協力を呼び掛けているものです
⑨感染経験者の声に耳を傾け、広げていく
⑩医療や介護、公共交通機関、スーパーなど日常生活を支えている人をねぎらい、敬意を払う

ポイントや工夫は、以上です。

大変な状況続きますが、自分をいたわりながらお過ごしください。

【参考】
・日本心理学会 もしも「距離を保つ」ことを求められたなら:あなた自身の安全のために(Keeping Your Distance to Stay Safe)
・日本赤十字社 感染症流行期にこころの健康を保つために~隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ~.pdf http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200327_006138.html
・日本赤十字社 新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~
・日本心理学会 新型コロナウイルス(COVID-19)に関わる偏見や差別に立ち向かう(Combating bias and stigma related to COVID-19)

かたやまクリニックのHPはこちら

2020年4月9日木曜日

新型コロナウイルスの3つの顔

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に猛威を振るっており、ニュースや新聞はその話題で溢れています。
海外の病院の様子を見たりや医療従事者の声を聞いたりすると、どうしても不安や恐怖を感じてしまいます。

そして、日本でも学校が休校になったり、在宅勤務が広がったり、イベントが中止になったり、様々な自粛を求められたりしています。
このような状況下では、当然、心も大きな影響を受けます。
皆さんには、その影響を知り、心身の安定を図ってほしいと願っています。
その上で、役立ちそうな情報をご紹介していきたいと思います。

今回、紹介したい情報は、「日本赤十字社 新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」(http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html
です。

この記事では、新型コロナウイルスのもつ3つの感染症が分かりやすく紹介されています。
1つ目の感染症である「病気」自体を防ぐことには、情報もたくさんあり、注意が行きがちです。
しかし、第2の感染症「不安」やその結果として生じる第3の感染症には「差別」は、なかなか気づきにくく、そのままにされがちです。
新型コロナウイルスの情報をずーっと追っている状態は、「不安」が高まっている状態と言えます。

ぜひ、新型コロナウイルスのもつ3つの感染症に、上手に対処していってほしいと思います。

かたやまクリニックのHPはこちら




2020年4月1日水曜日

「他者と距離を取る」生活による影響と工夫


新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に猛威を振るっており、ニュースや新聞はその話題で溢れています。
海外の病院の様子を見たりや医療従事者の声を聞いたりすると、どうしても不安や恐怖を感じてしまいます。

そして、日本でも学校が休校になったり、在宅勤務が広がったり、イベントが中止になったり、様々な自粛を求められたりしています。
このような状況下では、当然、心も大きな影響を受けます。
皆さんには、その影響を知り、心身の安定を図ってほしいと願っています。
その上で、役立ちそうな情報をご紹介していきたいと思います。

今回、紹介したい情報は、「公益社団法人 日本心理学会 もしも「距離を保つ」ことを求められたなら:あなた自身の安全のために(Keeping Your Distance to Stay Safe)」(https://psych.or.jp/about/Keeping_Your_Distance_to_Stay_Safe_jp/)です。

このネット記事では、家に留まったり、自粛したりといった「他者と距離を取る」生活によって起こることとその対処が紹介されています。
大きな環境の変化により、普段通りの生活ができなくなってしまうと、様々な感情を抱きます。
しかし、環境への変化に対応することに夢中になってしまい、自分の状態や感情に注意が向かなくなってしまいがちです。
また、みんなが同じ環境下にあるので、その感情を感じるのはおかしいと思い、感情を抑えてしまうかもしれません。
そうなってしまうと、結果として心身の調子を崩してしまいます。
だからこそ、この記事に紹介されているような起こることを理解し、注意深く対処していくことが大切です。

対処していく上では、日常生活を出来る限り安定させることが必要です。
ぜひ、この記事の内容を参考にしたり、皆さんにとって信頼できる人と相談したりしながら、皆さんなりの工夫をして過ごしていってください。

その他、「日本赤十字社 『感染症流行期にこころの健康を保つために』シリーズ」(http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200327_006138.html)も参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
このサイトでは、①「隔離や自宅待機により行動が制限されている方々」、②「隔離や自宅待機されている方の周りにいる方々」、③「高齢者や基礎疾患のある方・ご家族の方」それぞれのパターンに沿って役立つヒントが紹介されています。

かたやまクリニックのHPはこちら




プレゼンプログラム『キウイで行うレクリエーションの企画(2020年3月)』

プレゼンプログラムを行ったので、その様子をご紹介します。
テーマは、「キウイで行うレクリエーションの企画」でした。

2チーム作り、それぞれレクリエーションを考えてもらいました。

ねずみ取りチーム 「四目並べゲーム」



模造紙を上手に使い、とても分かりやすく資料が作られていました。
特に、図が分かりやすく、それだけでどんなゲームか想像しやすいと感じました。
キウイで行うレクリエーションは、1回で終わらず、何回か行います。
何回か行う中で、どんどん改善していくことが特徴です。
このレクリエーションは、いろいろな改善可能性を秘めているように感じました。

wチーム「お絵描きリレー」



チームで一つの絵を完成させるレクリエーションでした。
このレクリエーションのプレゼンでは、デモンストレーションを皆で行いました。
スタッフの心境としては、内心、「絵を描くのは恥ずかしいなあ」っと思っていましたが、いざ、勇気をもって描いてみるとたくさん笑うことができてとても楽しかったです。

これらのレクリエーションの中から、もしかしたら、実際にキウイのプログラムで行うものがあるかもしれません。
そう考えると、それはそれでとても楽しみです。

かたやまクリニックのHPはこちら

2020年3月30日月曜日

2020年4月のキウイ活動予定

皆様、こんにちは。

今、世間では不安を感じることでいっぱいですね。
「この先、どうなるんだろう?」って毎日、考えてしまうのも無理ないかなって思います。
スタッフも皆さんと同じように不安を感じています。
誰しもが不安を感じています。
だからこそ、その不安を一人で抱えないでください。
不安を他者と共有し、孤独にならないように注意することが大切です。
キウイは、その共有の場を作っていきます。

また、制限がありながらも、出来る限りいつもの生活リズムを保つことも重要です。
劇的な変化の中でも、変わらずにできることが多いほど、不安を抑え、安心感を保てることができます。
だからこそ、キウイも変わらずに在り続けたいと考えています。


そんなキウイの4月のプログラムを紹介します。

かたやまクリニックのHPはこちら