キウイ日記

キウイ日記

2019年10月17日木曜日

2019年10月のキウイ活動予定


皆様こんにちは。

10月に入り1週間が過ぎました。
今年も残すところ、あと3か月ですね。
4月から今年度が始まったと考えると、今年度も半分が終わってしまいました。
時間が経ってしまうのがあっという間に感じてしまいますが、その分、心新たに日々を過ごしていきたいと感じます。

キウイとしても、10月から大きくプログラムが変わりました。
↓のような感じです。

○10月から木曜日もキウイを開催します
今まで、木曜日はキウイを行っていませんでしたが、木曜日も始めました。
今までは、木曜日がないことで、月~金の勤務に合わせたリハビリが行えませんでしたが、それが可能になりました。
プログラムの内容は、午前中にウォーミングアップとしてアナログゲームのような活動を行い、午後は一転集中が必要な認知行動療法を行う予定です。
認知行動療法に触れる機会をより増やし、皆様の休職原因の対策作りにより役立てて頂けたらと思います。

○ヨガロマを始めます
26日(土)にヨガとアロマを融合させたヨガロマのプログラムを行います。
1週間の終わりに、心身ともにリフレッシュしていただけたらと思います。

キウイでは、様々なプログラムを用意し、キウイのメンバーの皆様が再発防止策を考えるうえでのヒントをたくさんご用意できたらと思います。
また、多様なプログラムを用意するだけでなく、積み重ねが必要なプログラムについては、プログラムの開催頻度を増やしていこうとも考えています。

そのような多様性と積み重ねを意識して、プログラムを構成していこうと思っています。

かたやまクリニックのHPはこちら


アロマの時間(8月、9月)


皆さんこんにちは、スタッフの松尾です。
8月と9月のアロマのプログラムの様子をお伝えします。


8月は3()17()、それから30()の計3回アロマを行いました。夏休み期間中ということで土曜日は『大人の実験室』というテーマで、材料の変化を目で見て、味わって、驚き楽しんでいただきました。特にバタフライピーのレインボーソーダは、見た目のインパクト大で、皆さんの歓声がひときわ大きく聞かれました。文章では表現しきれないので、写真にてお楽しみください!






9月は7日に『あずきとラベンダーのアイピロー』を作成しました。テーマは“ぶきっちょさんでも作れる針も糸も使わないお裁縫”ということで、型紙も一切使わず、とことん大雑把に作ってみました。ハサミで裁断した後は、布用ボンドを使いアイロンで接着。お好みのアイロンプリントを使って、それぞれのオリジナリティあふれるかわいいアイピローが仕上がりました。

完成後は早速レンジでチンしてホットアイピローの体験会。『アイピロー』と言っていますが、実はこれカイロとして使うこともできるのです。目の上や肩に乗せ、小豆から出るじんわりあたたかい蒸気と、ラベンダーの優しい香りを体感しました。
プログラム終了後、一日の振り返りで「眠りの悩みがあるから、作ってよかった」「肩こりがあるから使いたい」「目をたくさん使うから、これで疲れを取りたい」「お腹の痛みがあるので、使ってみたい」とたくさんの嬉しい感想を聞くことができて、私もあずきカイロを使った時のようにほっこりした気分になりました。


さて、10月からは通常のアロマクラフトに加えて新しいプログラムが始まります!
その名もYogaroma”(ヨガロマ)。読んで字のごとく、“Yoga”と“Aroma”の融合したエクササイズです。ポーズやテーマに沿った香りを取り入れながら、ヨガのアーサナ(ポーズ)と呼吸法で心身のリラックスとリフレッシュを図ります。

土曜日は卒業生の方も多くいらっしゃるので、月~金のお仕事で疲れた心と身体をじっくりとゆるめて、リラックスしていきたいと思います。もちろん現在リワークに通っていらっしゃる方も一週間の締めくくりとしてご参加ください。

難しいポーズはありませんので、「ヨガをやったことがない」という方も是非お気軽にご参加ください。



10月のアロマ】

1012()ハロウィンのミニリードディフューザー

1026()Yogaroma

持ち物:動きやすい服装、水分、アイピロー(必要に応じて)、バスタオルやブランケット(必要に応じて)

若いうちから、メンタルヘルス・リテラシーを育むこと


皆様こんにちは、スタッフの鈴木です。

日本経済新聞に興味深い記事があったので、ご紹介します。


「心の病気」学習、高校の保健で約40年ぶり復活


2022年度から実施される高校の学習指導要領によると、「心の病気」に関する学習が保健体育の授業で約40年ぶりに復活するそうです。

”精神疾患を身近な病気ととらえ、自分や周囲の人にその兆候を感じたときには適切に対処できる”能力(メンタルヘルス・リテラシー)については、世の中の多くの人に持っていてほしい感じます。
そのため、「心の病気」に関する学習が、学校教育に組み込まれることは、良い取り組みだと思いました。

確かに、うつ病や適応障害など「心の病気」を患われる方は増えており、状況的にみれば、精神疾患は身近な病気になったかもしれません。
しかし、一方では、「まさか自分が心の病気になるとは思わなかった」、「心の病気になったなんて、家族にも言えない」といった話をキウイでは、よくお聞きします。
そのため、心理的にみると、精神疾患はまだまだ身近でないなあっと感じることがよくあります。
心理的に身近でないために、症状が深刻化してしまったり、ケアに時間がかかってしまったりすることもあります。

”自分のストレスに気づき、予防対処すること”を「セルフケア」と呼びます。
若いうちにメンタルヘルス・リテラシーを育むことは、セルフケアの面においても大切だと考えられます。

ちなみに、セルフケアについては、職場のメンタルヘルスを考えるうえでも重要です。
厚生労働省の「労働者の心の健康保持増進のための指針」では、セルフケアを重要なケアの1つとして位置付けています。
しかし、職場のメンタルヘルスには、もう1つ重要なケアがあります。
それは、「ラインによるケア」です。
ラインによるケアとは、”管理職が行うケアで、日頃の職場環境の把握と改善、部下の相談対応を行うことなど”が挙げられます。
企業によっては、ラインによるケア研修も開かれているようです。
研修が行われるということは、周囲の人に精神疾患の兆候を感じた際の対処は、大人でも難しいと言えるのではないでしょうか。

そのため、若いうちにメンタルヘルス・リテラシーを育むことは、職場のメンタルヘルス(セルフケア。ラインによるケア)の面においても大切だと感じます。

かたやまクリニックのHPはこちら

2019年9月9日月曜日

2019年9月のキウイ活動予定


皆様こんにちは。

9月に入り1週間が過ぎました。
ようやく30度を下回る日も増えてきて、「暑くない」と感じる日も増えてきたように思います。
蝉の声が聞こえるのも、残り僅かでしょうか。

そんな9月のキウイは、↓のようなプログラムを行っています。



7日のプログラムでは、復職されてすぐの方や、復職後ひさしぶりに参加してくださった方がいました。
復職後もキウイを利用していただけることは、スタッフとしてもとても嬉しいです。
本来は、復職後は、病院に通うことがない状態が望ましいですが、キウイとしては、”何か困ったことがあった際に、安心して弱音を吐ける場”としてあり続けたいと考えています。
そのため、土曜日のプログラムも少しずつホッとできる内容に変えていけたらっと思います。


キウイに参加されている方々が、その方なりにキウイを利用してほしいと思っています。

かたやまクリニックのHPはこちら

2019年8月19日月曜日

プレゼンプログラム『30分レクの企画(2019年8月)』


今月のキウイではプレゼンプログラムを行いました。
今回も「キウイのみんなで楽しめる30分程度のレクリエーションの企画」をテーマに各グループで計画を練っていきました。

2チームそれぞれが企画したレクリエーションをご紹介します。


Aチーム 「ディクシット.亜種」


Aチームは準備時間いっぱいを使って熱心に話し合いを行っている様子が印象的でした。
真剣な表情でレクリエーションの細かな部分について話し合いを重ね、計画の練りこみを行っていました。

また本番では、デモンストレーションを行うという工夫も取り入れていました。実演を通して、資料に書かれているような「名詞のギャップの面白さ」・「想像力の駆使」・「協調性が問われる」というイントロダクションで示した内容を上手く伝えることができていました。

Bチーム「チーム対抗ボードゲーム大会」

Bチームは準備から本番まで、それぞれのメンバーの持ち味を生かして活動している様子が印象的でした。話し合いの意見出しや調整を担う人・資料作成に役立つようなメモを丁寧に作成する人・資料作成の細かな点に配慮する人・イラスト等の演出を担当する人…それぞれが光っていました。本番では、イラストやカラーを用いた目を引く資料を提示できていました。加えて、聞いている人の笑いを誘うような導入で、楽し気な雰囲気を演出していました。

2チームの発表について、以下の項目から評価をしました。
①分かりやすく、制限時間を守れたプレゼンである。
②テーマに対する提案内容が作りこまれている。
③チームで協力しようとしている様子がわかる。
④プレゼンを聞いて心が動かされた。

結果は、Aチームの勝利でした!
今回の勝因は、デモンストレーションを通して、チームの提案したゲームの面白さや狙いを実感してもらったことが大きいと思います。また、キウイの中では良く知られたゲームであるディクシットにアレンジを加えて新鮮に取り組めるものにできたことも、心を動かされる大きな要因になったように思います。

各チームの発表から、レクリエーションの内容が既存のボードゲームを用いて行うという点で過去のプレゼンで提案されたものとは異なる着想から計画が練られていたように思われました。
一つのゲームを選んで内容をアレンジする計画を練ったAチーム、複数のゲームを組合せチーム内で戦略を練ることの面白さを提案したBチーム…どちらも斬新で興味を引くものとなりました。
今後、プレゼンプログラムでレクリエーションを計画する際の新しい視点を提供するものになったのではないかと思います。

最後に今回のプレゼンプログラムは初参加の方も多くいました。
そのため、手探りの不安感や話し合いを通して新しいアイディアを生み出すことの難しさ、発表への大きな緊張を強く感じた方もいらしたように思われます。
その中でも今回、各チームが時間内にそれぞれの持ち味を生かした資料作成をし、よく準備された発表ができた
のは、同じ手探り感や難しさや緊張を共有し、共に支え合って乗り切れたチームメンバーの存在は大きかったのではないでしょうか。
それぞれの個性で補い合い、乗り越える…そんな仲間(ピア)がいてくれることで、私たちは不安や緊張の中でも何か行動を起こすための力を手にすることが出来るのかもしれません。
改めて、共に試行錯誤し、支え合う仲間の大切さを実感しました。
このようなピア感覚や自らが行動した体験を積み重ねていくことが安心感・自信等…多くの力に繋がっていくのではないかと思います。

かたやまクリニックのHPはこちら




2019年7月13日土曜日

2019年7月のキウイ活動予定

皆様こんにちは。

7月も半分が過ぎましたが、まだまだ梅雨が続きますね。
天気は雨が多く、どんよりとした日が多いですが、きれいだったアジサイも見ごろを過ぎたようです。
もうすぐ梅雨が明けて、夏が来るのかなっと思ってしまいますね。

さて、7月のキウイは、↓のようなプログラムを行っています。


7月に入り、復職された方もいれば、新しくキウイの利用を始められた方も多くいます。
キウイは、その時の利用者様によって全体の雰囲気が異なります。
引き続き、スタッフと利用者様が一緒になって、今に適したキウイを作っていけたらよいなっと思います。

かたやまクリニックのHPはこちら

2019年6月21日金曜日

「共同体感覚」をプログラムで紹介しました


皆様こんにちは、スタッフの鈴木です。

先日、アドラー心理学の「共同体感覚」をプログラムで紹介しました。
その内容を簡単ですが、紹介します。

「共同体感覚」は、”他者を仲間だと見なし、そこに「自分の居場所がある」と感じられること”と言われています。
働くだけでなく、人が過ごしていくためには、居場所が必要です。
居場所を作ることが、再休職を防ぐうえでも大切だと思います。
そのため、共同体感覚について、キウイのプログラムで扱いました。

共同体感覚は、以下の4つから構成されているとされています。
①所属感:「私は共同体の一員だ」という感覚
②信頼感:「共同体は私のために役に立ってくれるんだ」という感覚
③貢献感:「私は共同体のために役立つことができる」という感覚
④自己受容:「私は私のことが好きだ」という感覚

これら4つ反映したチェックリストを行い、共同体感覚の観点から各自ふりかえりを行いました。

以下が、このプログラムに参加された方の感想です。

アドラーの中心的な理論である「共同体感覚」について学んだ。
まず、普段の自分の考え方や捉え方についての質問に回答した。
結果は、所属感と信頼感が一番高い点になり、続けて自己受容と貢献感となった。所属感については、家族と友達の他にリワークの存在が大きいと感じた。毎日通える場所がある、毎日会える人がいることは今の自分にとって心強い存在だと思う。また、休職中の職場に復職に向けての面談などで行った際のあたたかい対応も、自分がまだスタッフとして所属していることを感じ、安心感を得ることができた。
自己受容については、リワークに通う前はあまり持てていなかった。休職し、働かずに家でのんびりしたり、療養している自分への罪悪感があったからだ。リワークに通うようになって、先生や他の利用者さんと過ごすうちに、シェアリングなどで自分のことを話したり、聞いたりしていて考え方が変わった。「仕事を休んで申し訳ない」とばかり考えているのはやめて、今の自分を受け入れることができるようになってきた。
貢献感については、自分なりに人のためになることをしたいという思いがあり、自分の行動が誰かのためになっていることを信じて行動するようにしている。
共同体感覚が、今後の自分自身の心の健康をはかる指標となる考え方として有効だと感じた。

かたやまクリニックのHPはこちら