キウイ日記

キウイ日記

2017年7月13日木曜日

2017年7月のディベート&フォーマルデー

先月からキウイでは、「フォーマルデー」という日を設定しました。

普段のキウイでは、運動療法のプログラムもあるため、利用者の皆様には動きやすい格好で来ていただいています。
しかし、キウイは復職を目指すデイケアであることから、「たまには、仕事を意識した格好をする日があってもいいのでは?」といういう話が起こり、そのような日を設定することになりました。

仕事を意識した格好なのでスーツとは限りません。
仕事での格好が作業着の人もいれば、私服の人もいると思います。
また、利用者様の状態によっては、仕事の服装を考えただけで、ストレスを感じられる方もいます。
あるいは、休職したことで太ったり、痩せたりと体形に変化が生じる利用者様も多くいます。
そのため、フォーマルデーを通して、「格好の面から仕事を意識したり、回復度合いを確認すること」「体形の変化に気づくきっかけになること」を目的としています。

そのようなフォーマルデーですが、月に一度、ディベートプログラムの日に開催しています。
仕事を意識した格好で行うことで、ディベート自体も引き締まったものになっているように感じます。

今月のフォーマルデーは、7月10日(月)でした。
その日のディベートのテーマは、「フランスにおける『オフラインになる権利』を本邦においても、導入すべきか否か」でした。
『オフラインになる権利』について、知らなかった利用者様も多く、皆さん、熱心に調べ、賛成・反対それぞれの立場から主張をされていました。
結果は、賛成派が勝ちましたかが、今までのディベートの中でも一番の接戦となり、両チームともディベート後は達成感溢れる表情をされていました。

来月以降も引き続き、ディベート&フォーマルデーを恒例プログラムとして行っていく予定です!