キウイ日記

キウイ日記

2018年4月12日木曜日

休職に対するポジティブな意味を見つけること


この記事を読まれている方は、「休職」についてどのように感じますか?
世の中の多くの方が、休職することなく、働かれていると思うので、どちらかというとネガティブな印象を抱かれるのではないでしょうか。
そのネガティブな印象というのは、多かれ、少なかれ、キウイを利用されている方々にもあるのかもしれません。
例えば…
・「休職」することは、なんだか負けた感じがする
・平日に会社に行かないでいる所を、他の人に見られたら恥ずかしくて嫌だ
・「休職」すると収入がなくなり、今まで通りの生活ができなくなる

このような印象が、「休職」した後も強くありつづけると、どうでしょうか。
このような印象は、ある意味、休職した”自分”を否定することになってしまいます。
自分を否定することは、休職した自分を受け入れることを困難にします。
この困難な状態は、非常に厄介です。

リワークデイケアを利用する目的は、休職原因を分析し、対策を立てることです。
しかし、休職した自分を受け入れることができていないと、休職原因を分析することができません。
例え、復職できたとしても、「休職」した時間を黒歴史(無かったことにしたい過去)として、捉え続けることは、あまり好ましい状況とは言えません。
「休職」は、確かに経験する必要がなければ、しない方が良いですが、経験することになったのであれば、その「休職」した時間も、人生の一部なので、少しでも有意義で、意味のある時間にするべきです。

例えば…
・「休職」したことで、働いていた時には取れなかった家族との時間を得ることができる
・改めて、今までや今後のキャリアについて冷静に考えることができる
・忙しく働いていた時には行うことができなかった、資格の勉強をする

このように、「休職」したことに対して、ポジティブな意味づけも行っていただきたいと思っています。
それができることによって、休職前とは違う働き方が可能となり、再発を防ぎ、より自分らしい生き方ができるのではないでしょうか。