キウイ日記

キウイ日記

2019年12月9日月曜日

2019秋のお楽しみプログラム


皆様こんにちは。

12月に入り、一気に冬らしくなってきましたね。地域によってはインフルエンザなどもぼちぼち流行りだしているようですが、体調崩されていませんか?
さて、キウイでは1129日(金)に『秋のお楽しみプログラム』を行いました。8月に行った『夏のお楽しみプログラム♡』(どら焼きづくり)が好評だったので、その第2弾です。今回はその様子を写真と共にお伝えしたいと思います。


今回のテーマは《しあわせのタルトレット》
“タルトレット”とは、小さな手のひらサイズのタルトのことです。3つのグループに分かれて、市販のクッキータルト(写真参照)を使い、オリジナルのタルトレット作りを行いました。



午前中はグループ毎にメニューを考え、午後から買い物、調理&試食と一日かけて行いました。メニュー考案時は、皆さんのイマジネーションとアイデアをフルに使っていただけるようスマホ使用は禁止としましたが、不思議と3つのグループとも内容が重複することなく三者三様のメニューが完成。材料が斬新だったり、流行を取り入れたりと、企画時から「どんな味になるのだろう?」と見ているスタッフもワクワクするようなメニューでした。

午後は食材の買い出しの後、美園コミュニティーセンターの調理室へと移動し、調理開始。普段調理されている方もそうでない方も、また初めてグループで一緒になった方同士も、声を掛け合い楽しく調理されていました。どのグループもメインのタルトレットだけでなく、余った食材を使って即興で2品目を完成させてしまったのにはスタッフも驚きでした。フードロスが大きな問題となっている現在、無駄を出さないというのは素晴らしいことですよね。
前回参加された方もおり、道具の準備や調理も円滑に進み、どのグループも予定時間よりも余裕を持って完成することができました。

まずは、完成品のお写真をご覧下さい!


どれもおいしそうですよね?
ハイおいしかったです。
試食タイムのスタートは各グループのプチプレゼンテーションから。作品に込めた思いや、どの部分が“しあわせ”なのかを簡単にお話しして頂きました。

Aグループ
「素材の味を生かす」ことをテーマにしたとの事。クリームチーズをベースにしたフィリングの上に、フルーツのスムージーをのせ、リンゴの飾り切りと柚子のすりおろしが添えられています。隠し味に花椒(ホアジャオ)が加えられている所など随所にプロの技を感じさせる一品でした。



Bグループ
→卵ベースのフィリングにチーズをのせ、こんがりと焼き上げたキッシュのような味わい。梅干しと塩昆布でほんのり効かせた塩味で「人生、甘さの中に塩辛さもある」ということを表現しているとの事。一見ミスマッチのようですが、食べると全く違和感がなく、洋風茶わん蒸しの様でした。



Cグループ
→今巷で流行の“バスチー”をテーマにした一品。チーズ生地の上にリンゴとメレンゲをのせ、シナモンシュガーを振ってこんがりと、焼き上げています。メレンゲの焼き加減が絶妙でした。



自分のグループのものと他のグループのものを食べ比べしたり、おまけの2品目もしっかりと頂き、充実の試食タイムとなりました。







普段見られない意外な方の意外な一面がみられたり、斬新な発想に驚かされたり。普段の真面目に課題に取り組むリワークプログラムも大切ですが、たまには和気あいあいと楽しむプログラムもいいですよね。

いかがでしたか?読んでいるうちに参加してみたくなったのでは?
実は年明け以降も『冬のお楽しみプログラム』、そして更にバージョンアップした企画を考えていますので、どうぞお楽しみに。
平日なので卒業生の方の参加は難しいかもしれませんが、もしもご都合が合えば是非お越し下さい!土曜日のフォローアップとはまた違った形で、メンバー同士での交流が図れると思います。日程が決まり次第、こちらのブログでもご案内いたします。


かたやまクリニックのHPはこちら